専門学校の違い

保育士のための専門学校にはいくつかの違いがあります。この条件によって、その学校の個性が分かれます。違いを把握することで、自分に本当に最適な学校なのかどうかを見極めることが出来るでしょう。

まず、指定校か併修校かという違いについてです。まず、指定校というのは文部科学省・厚生労働省の指定を受けた専門学校のことを指します。こちらは単位を取得すれば卒業と同時に保育士・幼稚園教論の免許を手に入れることが出来るのです。次に併修校ですが、こちらは文部科学省の指定を受けていません。併修校の場合は幼稚園教論の免許を取る際に通信教育過程を修了しなければなりません。

現在、保育の現場は多忙を極めており、実践的な知識や技術はもちろんのこと、保育士資格の他に幼稚園教論の資格も取得することで、就職先を選ぶ際に大きな武器になると考えられます。これは、「幼保一体化」の認定こども園が増加傾向にあるためで、保育士・幼稚園教論のどちらの資格も持っていないと採用しないという園もあるくらいです。

指定校、併修校の違いは幼稚園教論の資格が卒業と同時に取得出来るかどうかという点にあります。幼稚園教論の資格を持っていないと就職出来ない職場もあるので気を付けましょう。

Copyright © 保育士の資格取得のために学校に通おう! All rights reserved. |トップページ専門学校に通う大学へ通う専門学校の違いリンク集
サイトマップ