大学へ通う

4年制大学や短大に通うことで保育士の夢を掴むという方法があります。それぞれにメリットがあるため、自分に合った最適なやり方を選ぶことで、今後の展開を有利に進める事が出来ることでしょう。

まず、短大に通って保育士を目指すメリットは、その地域に密着する事で、地元の就職が強い大学もあるということです。このような短大を利用すれば、卒業してからの就職活動にも余裕が生まれます。2年間という時間の中で現場で通用する知識や技術を学ぶ事が出来る点も見逃せません。

一方、4年制大学を利用することで得られるのは、4年間という長い時間を費やすことで知識や技術を自分に蓄えることが出来る点です。さらに、保育以外の勉強をすることが出来るチャンスも生まれるので、仮に保育士の夢を諦めてしまったとしても、他の仕事への興味が湧く機会に恵まれるでしょう。しかし、現場で早く働きたいという人には不向きかもしれません。

短大を利用することで、保育に必要な技術や知識を2年間で学ぶことで出来ます。4年制大学では、その倍の時間がかかりますが、その分知識の幅が広がるため、仮に他の仕事への興味が出ても進路を変更できることが魅力のひとつでしょう。

Copyright © 保育士の資格取得のために学校に通おう! All rights reserved. |トップページ専門学校に通う大学へ通う専門学校の違いリンク集
サイトマップ