保育士のための学校へ

保育士になるためには、保育士試験を突破することはもちろんのこと、子どもを安全な環境で適切に育てることが出来る知識やテクニックが求められます。その両方は独学ではなかなか身に付けることは難しいです。そのため、保育士を目指す人の多くは学校へ進学する道を選びます。様々な学校がある中で、どのような学校を選ぶことが最適だと言えるのでしょうか。

まず、専門学校についてですが、こちらは2年間で保育に必要な力を身に付けることが出来る点が魅力です。短大も2年間学校に通いますが、大学と比べても比較的学費が安いため経済的であるとも言えます。しかし、時間が限られているため、多忙な毎日になりやすいというデメリットもあります。4年制大学の場合は学ぶ時間が多い為、他の勉強にも手を伸ばせます。そのため進路を変更する際にはスムーズになりますが、現場に出るのが遅くなるデメリットがあります。また、専門学校にはそれぞれ指定校、併修校という違いがあります。こちらは、厚生労働省と文部科学省の認可を受けているか、また、厚生労働省のみの認可を受けているかという違いがあります。そのため、併修校の場合は幼稚園教論の資格を卒業と同時に取得することが出来ません。「幼保一体化」の流れが出来つつある現在、幼稚園教論の資格を持っていた方が就職に有利です。

保育士の資格取得のために学校へ通おうと考えている人に向けた記事を書かせていただきました。参考になれば幸いです。最後までお付き合いください。

Copyright © 保育士の資格取得のために学校に通おう! All rights reserved. |トップページ専門学校に通う大学へ通う専門学校の違いリンク集
サイトマップ